東京データプラットフォーム データ整備事業

TOP > データ利活用の推進 > 東京データプラットフォーム データ整備事業

東京データプラットフォーム データ整備事業

 「データ整備事業」は、東京データプラットフォーム(TDPF)を流れる、機械判読性の高い「利活用しやすいデータ」を、持続的に供給するためのデータ整備手法を検討し、モデル化する事業です。令和3年度の成果として、この度「データ整備マニュアル」をまとめるとともに、今年度の検討結果をまとめた成果報告書を公開します。TDPFは、データを集約する場にとどまらず、「利活用しやすいデータ」に向けた課題を解決していくことを目指しています。

データ整備事業に関する調査

「東京データプラットフォームデータ整備事業」に係る協力事業者の募集について
データ整備マニュアルの対象データ等の更なる拡充に向けて、データ提供にご協力頂ける事業者を募集しております。


「東京データプラットフォームデータ整備事業」ニーズ調査アンケート
本アンケート調査は、皆様のTDPFへの興味・関心やデータ整備に対するニーズを把握することを目的としております。

公開ドキュメント

令和4年3月29日 成果報告会 ~行政データ、キレイにしてみました~

≪このページに関する連絡先≫

デジタルサービス局デジタルサービス推進部デジタルサービス推進課
電話 03-5320-7622
メールアドレス S1100301@section.metro.tokyo.jp