TOKYO Data Highway

生産者、お店、お客さまが“つながる”と、買い物はもっと楽しく便利に!

新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて、会場展示(オフラインイベント)は中止し、オンラインイベントのみの開催となります。あらかじめご了承ください。

「このダイコンもよく見てくださいよ。今抜いたばっかりだから!」
「あら、美味しそう。じゃあ、それも追加してくださいな。すぐ届けられる?」
「そうねぇ、空が混んでなければ昼前にはドローンで配達できますよ!!」

あたかも青果店の店先で交わされる会話のようですが……よく見るとちょっと不思議な気がしませんか? そうです! これぞ、少し先の未来に待っている買い物のワンシーン。まるで近所の店先で会話をするように、郊外の生産者から新鮮な野菜を直接購入し、その日のうちに届けてもらうことだって、当たり前になるかもしれないんです。

そこで注目していただきたいのが、現在普及が進んでいる本格的な5Gのネットワークです。5Gを使えば、実物を見るのに近い4K以上の高精細な映像によるビデオ通話が可能になるため、新鮮な野菜の見極めも容易になります。映像でつながれば移動の制限はありませんから、自宅にいながら、全国の朝市巡りを楽しむことだって簡単にできてしまうんです!

また、本格的な5Gのネットワークでは、つながっている機器をリアルタイムに近い感覚で安全に操作できるようにもなります。こうした5Gの特長をフル活用することで、ドローンを使った自動配達も可能になるでしょう。もっと気軽にスピーディーに日用品の買い物ができる未来は、すぐそこまで来ているのです。

さらに、本格的な5Gのネットワークと最先端のデジタル技術を組み合わせれば、ネットショッピングの楽しさも大きく拡がります。立体映像の技術が進化すれば、目の前に商品があるかのように、様々な角度から眺めることも可能になりますし、VR(仮想現実)技術を応用すれば、手に取って触る感覚だって得られるかも……。

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、最先端のデジタル技術を使い、生産者と消費者、そしてお店とお客さまが、親しく“つながる”ことで生まれる、買い物の新しいカタチが実現する日は、意外と近くまで来ています。今までに体験したことがないような、ワクワクする買い物ができる日が、今から楽しみですね!


目の前に商品が浮かび上がる! 少し未来の「買い物」風景を体験しよう!

「5G Connected City 西新宿2022 ~つながるまちと新たな生活~」の会場では、5Gのネットワークや最新のデジタル技術を応用することで、少し先の未来に実現するかもしれない新しい「買い物」のカタチの一例をご紹介しています。

たとえば、光の残像によって立体映像を映し出す最新の3Dホログラム技術を紹介するコーナーでは、離れた場所にある商品を、まるで目の前にあるかのように眺めることができる体験ができます。自宅で立体映像を見ることができる時代になれば、ネットショッピングの便利さが随分とアップしそうですよね? そんな、ワクワクする「買い物」の未来を会場で感じてください!


新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて、会場展示(オフラインイベント)は中止し、オンラインイベントのみの開催となります。あらかじめご了承ください。