TOKYO Data Highway

いつでも、どこでも、誰でも! 最新技術が守る近未来の健康な暮らし

新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて、会場展示(オフラインイベント)は中止し、オンラインイベントのみの開催となります。あらかじめご了承ください。

「顔色も良いし、喉の具合も先月と変わらないかな。少しだけ血圧は高めかもしれませんが……おや?そちらは随分と良い天気なんですねぇ。こちらは朝から、ずっと雨ですよ」

かかりつけのお医者さんに診察してもらいながら交わす、何気ない会話のようですが……。どこか不思議な感じがしませんか? そう、これは少し先の未来に待っているかもしれない日常風景なんです。

ライフスタイルの変化により、二拠点での生活を検討している方もいらっしゃると思います。そこで心配なのが医療の問題です。特に健康に不安がある場合は、かかりつけ医から遠く離れた場所に拠点を持つことを、ためらってしまうのではないでしょうか。

しかし、そんな不安も本格的な5Gの時代がやってくれば、大きく軽減されると期待されています。

たとえば、5Gのネットワークを使えば、実物を見るのに近い4K以上の高精細な映像のやり取りも簡単になります。拡大しても画質が変わらないビデオ通話ができれば、離れた場所にいても、目の前で診察しているのと同じくらい細かな診察ができるわけです。

心拍数や血中酸素濃度を測定するスマートウォッチのような機器がさらに進化すれば、離れた場所にいるお医者さんが、あなたの体調を常に把握し、異変があった際に、すぐリモート診察を受けることも可能になるでしょう。

また、本格的な5Gの時代になると、遠隔操作の反応速度が飛躍的に向上します。高精細な映像のやり取りに、リアルタイムな遠隔操作が加われば、専門医による高度な手術や治療を、どこでも受けられる可能性が高くなります。つまり、いつでも、どこで暮らしていても、安心な医療を受けられる時代が近づいているのです。
ここでお話したことって、ちょっと大げさに聞こえるでしょうか? しかし、私たちの健康な未来を支えてくれる技術は、ごく近い将来の実用化が期待されているものばかりなんです。本格的な5Gの時代は、すぐそこまで来ています。最新技術がもたらす健やかな未来の暮らしに、ぜひご期待ください!!


これからの医療、そして健康な暮らしを変える最新技術に触れてみよう!

「5G Connected City 西新宿2022 ~つながるまちと新たな生活~」の会場では、5Gのネットワークを含む最新のテクノロジーを活用した、少し先の未来での実用化が期待される、医療や健康に関する先端技術の実例を体験していただくことができます。

たとえば、VR(仮想現実)技術を使い、屋内でリアルな散歩やサイクリング体験ができるリハビリ機器を、実際に体験していただくことが可能です。よりリアルに近づいたヴァーチャル空間を使った、最先端のリハビリやレクリエーションをお楽しみください。

また、最新鋭の外科用手術室をトレーラーに搭載した「モバイルSCOT」の実物展示では、過疎地や被災地などで手術が必要な場合でも、5Gのネットワークを通じて、リモート手術が行えるという、医療の分野における未来の姿を感じていただけるでしょう。


新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて、会場展示(オフラインイベント)は中止し、オンラインイベントのみの開催となります。あらかじめご了承ください。