新着情報

TOP > 新着情報 > 都内での空飛ぶクルマの社会実装を目指すプロジェクトを選定しました

都内での空飛ぶクルマの社会実装を目指すプロジェクトを選定しました

令和4年8月4日

 現在、世界各国において開発が進められている「空飛ぶクルマ」については、渋滞が発生する都市部やインフラ未整備の交通不便地域での移動の迅速化・快適化、災害時の人命救助や物資輸送の迅速化など、様々な社会課題の解決が期待されています。
 国においては、「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、空飛ぶクルマの利活用の検討が進められています。
 都は、都内での空飛ぶクルマを活用したサービスの速やかな社会実装を目指し、令和4年度から令和6年度にかけて民間企業による取組に対する支援を行うこととしております。この度、その支援対象となる1件のプロジェクトを選定しましたので、お知らせします。

1 概要

都内における空飛ぶクルマを活用したサービスの社会実装を目指すプロジェクトを企画提案により公募し、外部有識者等による審査を経て1件のプロジェクトを選定しました。
今年度は、ビジネスモデルの具体化と来年度以降の飛行実証の計画・準備を行います。その後は、機体の開発動向や国による制度整備の動向を踏まえつつ、来年度は、都内においてヘリコプターを用いた飛行実証によるオペレーションの検証等、再来年度は、空飛ぶクルマを用いた飛行実証を行う予定です。
※令和5年度以降における支援は、当該年度予算が東京都議会で可決された場合において、確定します。

2 選定結果

採択事業者:三菱地所(株)、日本航空(株)、兼松(株)からなるコンソーシアム
本プロジェクトでは、空飛ぶクルマの将来の利活用モデルについて、都心の主要な拠点を結ぶ移動サービス(都市内アクセス)、空港からの二次交通(空港アクセス)、離島地域における移動サービスや遊覧飛行など、様々なモデルを想定しています。



【問い合せ先】
デジタルサービス局
デジタルサービス推進部
デジタルサービス推進課
TEL 03-5320-7622
E-mail S1100301@section.metro.tokyo.jp