戦略政策情報推進本部ニュース

TOP > 新着情報 > 公共調達に関するスタートアップ企業のプロダクト等の認定について

公共調達に関するスタートアップ企業のプロダクト等の認定について
(King Salmon Project(先端事業普及モデル創出事業))

令和3年3月30日

 東京都では世界を席巻するスタートアップ企業の輩出サイクルを確立し、先端事業(イノベーション)による東京の成長と社会課題の解決を目指すため、昨年度より「King Salmon Project(先端事業普及モデル創出事業)」を実施しています。
 今年度、都政現場を活用したスタートアップ企業との実証実験を実施しました。本実証の結果を踏まえ、この度、スタートアップ企業からの公共調達を促進するため、当該プロダクト等を地方自治法施行令第167条の2に基づく認定を行いましたのでお知らせいたします。

1 認定一覧

認定スタートアップ企業 プロダクト・サービス
株式会社 イノフィス
  • 「マッスルスーツEvery」
  • ・人工筋肉を活用した腰補助用のアシストスーツ
  • ・電気を一切使わず、空気圧式の人工筋肉に手動ポンプで空気を装填することにより稼働
トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社
  • 「DFree」
  • ・超音波技術を活用し、リアルタイムで膀胱内の尿の溜まり具合を計測する排泄予測ウェアラブルデバイス
  • ・排尿のタイミングを事前にスマートデバイス等に通知
Holoeyes 株式会社
  • 「Holoeyes MD」及び「Holoeyes VS」
  • ・CTやMRIから生成した3DデータをVR化して、手術のシミュレーション、トレーニング等へ活用可能なサービス
  • ・エンジニアを必要とせずに簡単にVRアプリ化が可能

2 実証実験の実施結果

 都政現場において職員等がプロダクト等を使用しました。実証の結果、業務の負担軽減や効率化などに有用であることが確認されました。実証実験の詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。
特設サイト:https://kingsalmon.tokyo/progress/experiment/

3 認定後の取組

 本認定を行うことにより、東京都では随意契約により当該プロダクト等を購入することが可能となります。今後、今回の認定を元に各プロダクト等の現場での導入、活用を図っていきます。

4 本プロジェクトにおけるガイドライン

 実証実験を行う際に押さえておくべきポイントをまとめたガイドラインを策定しました。
 以下のウェブサイトにガイドラインを掲載しています。
特設サイト:https://kingsalmon.tokyo/progress/horizontal/

5 その他

 今年度、東京国際クルーズターミナルでの実証実験を予定していたWAmazing 株式会社については、来年度に延期となりました。実証実験の概要は下表のとおりです。

 
プロダクト・サービスの概要 実証内容の概要
・外国人旅行者向けの無料SIMカード及び観光・買い物用アプリ
  • ・専用機を設置し、無料SIMカードの配布及び交通周遊切符の販売を行うとともに、専用アプリの利用を促進
  • ・訪日観光客の行動データや購買データ等を分析し、経済効果を可視化
 

〇参考:地方自治法施行令
第167条の2
地方自治法第234条第二項の規定により随意契約によることができる場合は、次に掲げる場合とする。
一~三 (省略)
四 新商品の生産により新たな事業分野の開拓を図る者として総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けた者が新商品として生産する物品を当該認定を受けた者から普通地方公共団体の規則で定める手続により買い入れ若しくは借り入れる契約又は新役務の提供により新たな事業分野の開拓を図る者として総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けた者から普通地方公共団体の規則で定める手続により新役務の提供を受ける契約をするとき。
五~九 (省略)
2~4 (省略)

本件は、「『未来の東京』戦略ビジョン」を推進する先導的事業です。
戦略11 スタートアップ都市・東京戦略「東京発ネクストユニコーン創出プロジェクト」
【問合わせ先】
(事業全般に関すること)
  戦略政策情報推進本部 戦略事業部
  特区・戦略事業推進課
  TEL 03-5388-2057